W88ブックメーカー(aスポーツ)サッカーの賭け方

【期間限定】新規登録ボーナスキャンペーン実施中!!


>>W88カジノに無料で登録する<<


UEFAチャンピオンズリーグ2017−2018ラウンド16@

 

 

UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ラウンド16ファーストレグの試合のうち4試合が2月14日、15日に欧州各地にて開催されます。

 

4試合ともグループリーグを突破した強豪同士の対戦とあって魅力的な試合になる事は間違いありませんけど、その中でも特に注目を集める「レアル・マドリードvsパリ・サンジェルマン」の一戦をピックアップしていきます。

 

では勝敗予想の前に、まずはブックメーカー各社のオッズからご紹介していきましょう。

 

ブックメーカーbwin

レアル・マドリード勝利 2.45倍、引き分け 3.60倍、パリ・サンジェルマン勝利 2.75倍、

 

ブックメーカー21bet

レアル・マドリード勝利 2.38倍、引き分け 3.57倍、パリ・サンジェルマン勝利 2.78倍、

 

ブックメーカーw88

レアル・マドリード勝利 2.40倍、引き分け 3.70倍、パリ・サンジェルマン勝利 2.80倍、

 

現在のオッズを見ると僅差ながらホームのレアル・マドリードが何とか優勢を保っています。

 

世界一と評されるクラブチームのレアル・マドリードがホーム試合で対戦相手と勝利オッズがほぼ一緒になるのは屈辱に値すると思いますけど、今季のレアル・マドリードを象徴していますね。

 

昨シーズン、一昨年とチャンピオンズリーグを連覇したレアル・マドリードでしたが、今季は自国リーグのスペインリーグで大苦戦。

 

首位のバルセロナから勝ち点差17も離され現在4位とリーグ優勝は絶望的な状況であり、もしかすると来季のチャンピオンズリーグ出場も危ぶまれているほど低迷しています。

 

低迷の原因はレアル自慢のベンゼマ、ベイル、クリスチャーノ・ロナウド(BBC)の得点力低下にあります。

 

3人の総得点は23試合中19得点と1試合平均1得点にも満たない得点力にまで落ち込んでおり、これではレアルマドリードとは言え勝つことは難しくなります。

 

一方のパリ・サンジェルマンは自国リーグのフランス・リーグアンで、レアル・マドリードとは対照的に2位モナコに勝ち点差12を付け首位を快走中。

 

レアルのBBCに対抗して名付けられたネイマール、カバーニ、ムバッペの攻撃ユニット(NME)の得点力は凄まじく、3人が得点した総計はリーグアン25試合を終わった現在で49得点にものぼります。

 

スペインリーグとリーグアンではレベルの違いはあるにせよ、両チームのチーム状態が全く異なることは理解できたと思います。

 

そして今季のレアルはリーグ戦においてもホームで3度、国王杯を含めると4度負けていますから、パリ・サンジェルマンならアウェイとは言え勝つチャンスも十分あると思っています。


【期間限定】新規登録ボーナスキャンペーン実施中!!

>>W88カジノに無料で登録する<<