W88ブックメーカー(aスポーツ)サッカーの賭け方

【期間限定】新規登録ボーナスキャンペーン実施中!!

>>W88カジノに無料で登録する<<

オランダ・エールディビジ第23節「フローニンゲンvsADOデンハーグ」

 

エールディビジ第23節「フローニンゲンvsADOデンハーグ」の一戦が、2月12日にユーロボルフにて行われます。

 

リーグ13位で日本人MF堂安律が所属するフローニンゲンがホームに8位ADOデンハーグを迎えての一戦。

 

前回対戦は12月3日に行われたリーグ第14節ADOデンハーグのホーム戦で、結果は3−0でアウェイのフローニンゲンが勝利しています。

 

今回はフローニンゲンのホーム戦となりますから、更にフローニンゲン有利な条件となり前回に続く連勝も期待できます。

 

では勝敗予想の前に、まずはブックメーカー各社のオッズから見ていきましょう。

 

ブックメーカー10bet

フローニンゲン勝利 2.05倍、引き分け 3.60倍、ADOデンハーグ勝利 3.30倍、

 

ブックメーカーbwin

フローニンゲン勝利 2.05倍、引き分け 3.70倍、ADOデンハーグ勝利 3.40倍、

 

ブックメーカーw88

フローニンゲン勝利 2.05倍、引き分け 3.60倍、ADOデンハーグ勝利 3.30倍、

 

現在のオッズを見るとホームのフローニンゲンが優勢となっています。

 

前回直接対決の試合結果とホームアドバンテージを考慮すればフローニンゲンが有利と言えそうです。

 

ただ両チームのリーグ順位を比べれば、ADOデンハーグは8位、フローニンゲンは13位ですし、両チームの勝ち点差は9もありますから元々のチーム力から言えばADOデンハーグに分があると言えます。

 

加えてフローニンゲンは現在リーグ戦2連敗中とチーム状態としては良くありません。

 

2連敗した対戦チームが7位フィテッセ、4位フェイエノールトと強豪チームでアウェイ戦だったことを考えれば言い訳が付く敗戦と言えなくもないですけど、スコアが0−2、0−3と大敗していることが気掛かりです。

 

今回はフローニンゲンのホーム戦なので、いくらかフローニンゲン有利な条件となる事は確実ですけど、直近の試合内容を見ると強気にはなれませんね。

 

一方のADOデンハーグは前節のホーム試合で7位フィテッセを1−0で破り、前々節のアウェイ戦では11位ヘラクレスを相手に1−1で引き分けていますからチーム状態としてはまずまずの状態と言えそうです。

 

フローニンゲンは前回ホームながら0−3と大敗した相手ですから、アウェイとは言えリベンジに燃える選手たちのモチベーションも高いことが予想されます。

 

両チームの現在のチーム状況を踏まえると、今回の試合は引き分けが妥当かと思いますので、勝敗予想は引き分けと結論付けたいと思っています。

 


【期間限定】新規登録ボーナスキャンペーン実施中!!

>>W88カジノに無料で登録する<<